株初心者の皆さんに損益計算書の読み方の一例をイラストを使ってわかりやす...

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

mail.gif メルマガ(無料)

form_merumaga.gif

↑「メアド」「名前」を入力するだけ

投資に役立つ情報を解説付きで週末[不定期]にお届けします☆

バックナンバーを読む

損益計算書を読むⅡ

損益計算書


前回は「『現在と過去(縦軸)』の経営成績の比較」について書きました^^

今回は、「『同業会社(横軸)』の経営成績の比較」について書きたいと思います♪


2.以下の図はある2社の前々期(-2)~今期(0)の損益計算書を表わしたものです。


この2社は同業種で資産規模も同じ、さて、皆さんはどちらの企業に投資してみたいですか?

また、その理由は?


損益計算書の読み方


参考までに、以下に私の考えを紹介しておきます ^^


私はA社に投資して"みたい"です。あくまで"みたい"です(笑)


・理由

下図は2社の損益計算書構成科目を各段階の損益に分解し、比較したものです。

損益計算書の読み方、営業損益推移

損益計算書の読み方、経常損益推移

損益計算書の読み方、特別損益推移

損益計算書の読み方、純損益推移


会社の業績を見る際、注目すべきは経常損益でしたね^^

損益計算書の読み方


その中でも「商品・サービス」を売ることから得られる「営業損益」は最重視すべき科目でしたね^^


上図を見てイメージできるように特別損益はただのブレに過ぎません。

よって、私は経常損益(プラス営業損益)が安定的に上昇してきているA社に投資して"みたく"なります(「経常損益が安定している」ということは、それだけ「本業の業績が安定している」ということなので)。


しかし、ここで注意しておかなければならないことがあります!

それは、あくまで損益計算書からは「今までの経営成績しか読み取ることができない」ということです。

その会社がこれまで良い経営成績を残せたからといって、この先も良い経営成績が残せるとは限らないのです。


参考までにひとつの例をあげておきます♪

参考:「需要と供給

仮に、この先、ある「商品・サービス」市場全体の需要が減ったり、その市場で競合企業が増えることになれば、その市場に属する1社あたりの「商品・サービス」に対する需要は減ってしまいます(各社の需要曲線が左側へ移動)。

同業1社あたりの「商品・サービス」に対する需要の変化

需要曲線のシフト

その結果、同業1社あたりの利益(生産者余剰)は縮小してしまいます。


このように、いくら今まで良い経営成績を残してきた企業でも、その会社の「商品・サービス」に対する今後の需要供給の変化によって、将来の経営成績は大きく変化していきます。

よって、損益計算書はあくまで「今までどのような経営をしてきたのか」を確かめるものであると考えておいてください^^;


同市場に競合企業がいる場合、「この会社は競争に勝ち残っていけるか」などの判断材料として用いるのが良いかと思います^^


引き続き「キャッシュフロー計算書の読み方」を学ぶ

投稿日:2005年11月05日 16:34
損益計算書を読むⅠ 前のコンテンツへ  次のコンテンツへ 減価償却とは