株式分割について株初心者の皆さんに理解していただけるよう説明

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

株式分割とは

資本異動


株式分割とは1枚の株券を分割して増やすこと


では、さっそく・・・ビリッ、ビリー (+_+)\バシッ!

もちろん実際に破くわけではありません、笑


σ( ̄、 ̄=)ンート・・・どういうこと?

たとえば、2分割が行われた場合分割前に1株持っていた株主はその銘柄を売らずに保有し続けていれば分割後に新株を1株もらえるのです。

つまり、2分割の株式分割が行われた場合、その銘柄を1株持っていれば勝手に株数が2倍に増えちゃうんです。


マジで!?(゜ロ゜;)


2倍に増えたら2倍儲かる!めちゃくちゃ得なんじゃないの?ヽ(゚▽、゚)ノ ウヘヘヘ


いえいえ、株式分割をしたからといって企業の資本や業績は変わらないですよね?

当然、1株あたりが持つ価値も2分の1になるんです。

つまり、理論的には株価も2分の1になってしまい、トータル的な価値は変わらないのです。

株式分割


( ̄□ ̄;)がーん


おっと、あんまりがっかりしないで下さい^^;

株主にとってちゃんとした株式分割は多くの場合、儲けを与えてくれます。たいていの場合、株式分割が行われても1株あたり配当額は変わらないのです(たとえ下がったとしてもほとんどの場合、トータル的にみればプラスになってます)。


つまり、どういうことか?

1株あたりの配当額が10円の銘柄があったとします。

ある日、その会社が「1:2の株式分割しま~す(1株を2株に分割すること)。」と発表したとします。

ここで注目しなければいけないのが「1株あたりの配当額」です。

もし変更がなければ、な、なんと今までの2倍配当がもらえます!


つまり、その銘柄を分割前に1株もっていれば、分割後は配当で20円もらえるようになるということです。


キタ----(゚∀゚)----!!!!


この条件に当てはまる株はほとんどの場合、価格が上昇します^^


注)
利益を自社に再投資する方が株主価値を高められる場合は配当を出さないこともあります

注)
株主分割を行うのには理由があります。株価が高くなりすぎてしまうと、投資家は株を売買しにくくなります(高くて買えない等)。そこで企業側は少し株価を下げて「皆さんに買ってもらえるようにしよう」とするのです。


1株あたり利益↑(代表的要因)→株価↑→売買しにくい→分割


ポイントは、「株価が高くなる=1株あたり利益が増えている=企業が成長している」ということ。

つまり、基本的に株式分割を行う企業は成長企業であるということです^^

投稿日:2005年11月06日 15:41
自社株買いとは 前のコンテンツへ