信用取引について株初心者の皆さんに理解していただけるよう説明

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

信用取引とは

信用取引


信用取引とは
証券会社に担保を渡し、それ以上のお金・株券を借りておこなう株式取引のことです^^

信用取引には担保が必要

最低30万円かつ約定代金の30%相当の価値を必要とします

(文字が見えにくい方は画像をクリックして拡大して見てください^^)
信用取引とは

担保として認められるものには、現金株券などがあります


担保評価額
現金→そのまま
株券→株価×掛け目(証券会社ごとに設定)


例)
100万円の取引がしたい場合、100万円の30%=30万円分の担保を用意すればOKです。
50万円の取引がしたい場合、50万円の30%=15万円・・・しかし担保は最低30万円分必要なので30万用意しなければならなりません^^;


注)
担保の価値が目減りして「30万円以上かつ約定代金の30%」の条件を満たさなくなると、担保を3営業日以内に追加しなくてはなりません(追証)。それができない場合は、4営業日目に強制的に決済がおこなわれ、負債が回収されます。

(文字が見えにくい方は画像をクリックして拡大して見てください^^)
信用取引とは、追証

信用取引では金利の支払いが必要(信用買い)

お金を借りている期間に応じて信用買い<信用売り(カラ売り)の状態で株不足になった場合、株を借りている側(信用売り方)は貸している側に上記とは別に金利を支払わなければなりません逆日歩

(画像をクリックして拡大して見てください^^)
信用取引とは、逆日歩


信用取引では必ず反対売買をしなければならない

決められた期間内(一般信用取引を除く)に反対売買をしなければなりません

例)
お金を借りて株を買った(信用買い) →買った株を売らなければなりません
株を借りて売った(信用売り「カラ売り」)→売った株を買い戻さなければなりません

投稿日:2005年11月06日 15:52
 次のコンテンツへ 一般信用取引