3751:ジーエフ 2006/7、237,000円 購入→2006/10、138...

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

ジーエフでの失敗を繰り返さないための反省

業績報告


3751:ジーエフ 2006/7、237,000円 購入→2006/10、138,000円 売却 -40%

 

ジー・エフは業界で唯一自動テレマーケティングシステムの開発・販売を主力事業としている売上規模25億円のベンチャー企業です。

 

テレマーケティング市場の売上規模は600億円強あり、ジー・エフの売上25億円と比べると非常に大きく、自身の保有する業界唯一の自動テレマーケティングシステムを武器に「まだまだ売上を伸ばしていく余地あり」と判断して購入しました。

直前に、ジー・エフのターゲットである中小企業に多くの顧客を持つ2375:スリープログループと業務提携を交わし、販売経路を拡大したことも購入動機を高めました。

購入後はその影響もあってか、株価は順調に上昇していき270,000円ほどの値をつけました。

しかし、実際はジー・エフの商品が市場のニーズにマッチしきれていなかったのか、売上は縮小していたのです。

 

そしてそれは2006年9月中旬に発表された弟3四半期決算で公の事実となりました。

その後、株価はS安を挟んで大きく下落していき、買値から-40%になった138,000円で売却することとなりました。

 

私が銘柄分析をする上でもっとも重視しているのは「その商品・サービスに対する今後の需要と供給」なんですが、つい最近まで、それが「どれくらい変化するのか?(絶対値、%)」についてはある程度詳しく調べていたんですが、それが「どの程度確実に実現されるものなのか?」についてはそこまで意識せずに銘柄を購入していました。

 

いくら大きく業績を伸ばす可能性がある企業でも、それが実現される可能性が高いものと低いものとでは、当然負担するリスクが違ってくる。

 

こんな当たり前のことに気付くのに1年半もかかってしまいました。今後は「確実性」の要素も取り入れた投資スタイル構築に努めたいと思います。

 

参考:期待収益率と不確実性

投稿日:2006年11月09日 11:24
ダイナシティでの失敗を繰り返さ... 前のコンテンツへ  次のコンテンツへ プロシップでの失敗を繰り返さな...