『3つの誓い』を立てるに至った理由

株の学校は株初心者のための学習サイトです♪

口座開設数NO1! SBI証券
個人投資家の80%に支持されてます!

『3つの誓い』を立てるに至った理由

はじめての方へ


僕が株式投資に興味を持ち、

学習&投資をしはじめたのは2005年5月からです。

(当時は、中小企業を支える経営コンサルタントになるのが目標でした)



学習をしていて常日頃思っていたのが、

『株式投資』を効率的に学べる媒体がない」ということ。


この頃巷に出ていた

いわゆる『株の本』はすべて(50冊は余裕)目を通しましたが、


(全然実践で役に立つようなものがない)


と、感じていました。。。



(これなら『経営』や『経済』の勉強をしてる方がよっぽどタメになる)



僕はそう思い、以降は、

いわゆる『株の本』と呼ばれるものをほとんど読むことがありませんでした。



そして9月半ば頃、

当時僕が投資していた 『EMシステムズ』がついに目を覚ましたのです。



中間決算発表で業績が急伸したことが明らかになり、

翌日から2日連続ストップ高


さらに、

11月中旬に厚生労働省が

『医療請求のオンライン化を義務付ける』と発表したことにより、

その後、2ヶ月足らずで4,500円(計+530%)まで暴騰しました。



僕は投資資金50万円弱の頃に716円で600株購入し、

途中何度が売買を入れて最終的に4,350円ですべて売却し、

合計170~180万円の利益を得ましました。

参考→EM大化けの軌跡



また、

この頃運営していたHP『バリュー株投資でいこう!』も

かなりの反響を呼ぶようになり、

1日TOPページアクセスが2,000を超えるまでになりました。




すべては順調に進んでいまいた。

アノ事件が起きるまでは・・・




2006年1月、ライブドアショック発生


僕はこの頃まだまだ未熟で、

危ないニオイがするにも係わらず、

「超割安」という理由から『ダイナシティ』という銘柄を保有していました。



ご存知の方もいると思われますが、

LDショック後、

ダイナシティは4連続S安(-50%)という驚愕の下げを披露することになりました。



結局僕は、LDショックで総資産を


230万円から150万円まで減らすことになりました。

参考→ダイナシティの購入、そしてLDショック



ただ、

驚くことに僕の「被害」は市場全体で見た場合、

被害と呼ぶほどのものではなかったのです。



僕はこのとき、


個人投資家の惨劇


を目の当たりにしました。



(これはちょっと酷すぎないか?)


(あまりにも個人投資家が株式会社や金融機関の食い物にされている・・・)



(どうしてこんなことが起きてしまったんだ・・・)



僕はしばらく考え込みました。


===================================


現在、日本には

国民が『投資』について十分に学習できる環境が用意されていない。


しかし、それとは逆に

世界最高水準のネットインフラを有する日本の投資環境は世界一になったと言ってもよい。



ここに大きな問題があったんだ。



「投資について十分に学習できる環境が整っていないにもかかわらず、

 誰でも投資に参加できる環境だけが整っている」



これでは、

投資商品・サービスを売る側の言うことが、

買う側の大抵はよくわからないので、

それが本当に得なのか損なのかを理解できないまま

商品・サービスを購入させられてしまう恐れがある。



つまり、現状では


売る側が圧倒的に強い立場で、


買う側は圧倒的に弱い立場なのだ。


===================================


このような思考を経て、

僕は以下の使命を導くに至った。




今、世の中には

誰もが投資に関する教育を受けることができる場が求められている。


実際、多くの証券会社が各々学習環境を提供しはじめている。


が、売り手発信ゆえ、

どこかに自身に有利に働くモノが入り込んでしまう可能性がどうしてもある。





ならば、俺が



完全な『買い手側』目線に立った、


誰もが、いつでも、どこででも学べる


"真"の株式投資学習環境をつくってやる!






こうして僕は当時人気絶頂だった『バリュー株投資でいこう!』を閉鎖して、


この『株の学校』を立ち上げました。



-----------------------------


最後に、

僕を信じてついていこう!」と『決意』してくれたあなたに最高のカタチで報いるために、


あなたに対して果たす『3つの責任』を宣言します。

はじめての方へ 前のコンテンツへ  次のコンテンツへ 「あなた」に対して果たす『3つ...