信用取引をしないことの大切さを株初心者の皆さんに説いています^^

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

信用取引はやめよう

株をするにあたっての心構え


信用取引とは、

"借金"をして株の売買をすることです。

借金は必ず利子(金利)をつけて全額返さなければなりません。


借金をすれば、

自分が持っているよりもたくさんのお金を使って取引することができます。


たくさんのお金を使うということは、

その分期待できる儲けも大きくなります。


しかーっし!

その分皆さんご自身に"降りかかってくるかもしれない損害"も

大きくなるのです。


信用取引で失敗すれば、

余裕資金だけでなく、

生活資金をも取り崩さなければならないことだってあります。


こうなってしまっては、

「より"幸せ"な生活」を実現するため

にはじめた株の意味がまったくないですよね^^;


皆さん、

"降りかかってくるかもしれない損害"は

ご自身の余裕資金でおぎなえる範囲に抑えましょう^^

投稿日:2007年02月25日 07:00
取引時間中に株価は見ないように... 前のコンテンツへ  次のコンテンツへ 株をやめる勇気を持とう