株の基礎用語「悪材料」を説明

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

悪材料

株用語 ア行


悪材料
株価を下げる要因となるもの


利用例)
悪材料

フ~~~ン (   ̄┌・・ ̄) おもいっきり悪材料だな。。。どこの会社がこんなもん売ってんだ?・・・

(´・_・)ん?ってオイ!これ俺が株持ってる会社じゃーん!! ガ━━(゚д゚;)━━ン !!?


「悪材料」が出てしまうと市場はとりあえずその株を売ってしまいます。その結果、株価は下げなくてもいいところまで下げてしまうことが多々あります^^;

もし悪材料が一時的なものであれば、そこで売ってしまわずに株価が回復するまで持ち続けるのが良いかと思います。また、それを機に新たにその株を買うのも良いかと思います。


反対に、それがこのままずーっと影響するものならアレコレ迷わずに即売却しましょう。損失を少しでも減らそうと「反発してから売ろう」なんて考えていると、いつの間にか取り返しのつかない事態になってしまった_| ̄| ミ●コローン ・・・なんてことにもなりかねません^^;


☆悪材料を味方にできるようになれば一人前です^^

投稿日:2007年02月27日 07:01
青天井 前のコンテンツへ  次のコンテンツへ アク抜け