株の基礎用語「悪材料」を説明

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

上げ一服

株用語 ア行


上げ一服
株が上昇をし続けている最中に一休みするかのように一時的に株の価動きが停滞することを言います。

上げ一服


利用例)
上げ一服

(´・_・)ん?なかなか株価が上がらないなぁ

会社の商品も売れ行き好調だし、この値段ならまだまだ安いはずなんだけどなぁ^^;

う~ん、上げ一服かな? (  ̄. ̄)


株価が上昇しつづけるには、絶え間なくその株が誰かに買われ続けなければなりません。「上げ一服」はその株を今まで買い続けてきた投資家の投資資金が切れたときなどによく見られます。その証拠に「上げ一服」株を見ると、大抵は上昇中と比べ取引量(出来高)が減っているはずです。

ここからさらに上昇を続けるには、これまでこの株を買い続けてきた投資家が新たにこの株を買い続けることが出来るほどの投資資金を再度用意するか、もしくはこの株を買い続けることが出来るほどの投資資金を持った別の投資家が現れなければなりません。

「上げ一服」株の取引量が急に増えた際、それに伴い株価が上がっていたら”再度上昇していく可能性が高い”と考えられ、逆に下がっていたらこれまで買い続けてきた投資家が儲けを得るために売りに出し始めた、つまり今後株価は”下降していく可能性が高い”と考えることができます。


☆「上げ一服」株を見つけたら、その出来高に注目しましょう^^

投稿日:2007年02月28日 07:01
悪目 前のコンテンツへ  次のコンテンツへ 預かり資産