株の基礎用語「歩み値」を説明

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

歩み値

株用語 ア行


  • 歩み値
  • その株が「いつ・いくらで」取引されたかを表したもの。

歩み値(カブドットコム証券 株ボードフラッシュ
歩み値

同分内で複数回取引がおこなわれた場合、チャートではそれら個々の取引内容まではわかりませんが、歩み値を見ればそれがわかります^^

そうですね、たとえば上図の10:58分の時間帯を見てください♪

10:58分内に4回取引がおこなわれていますよね。

歩み値では、それら個々の取引内容(取引量=約出来)まできちんと把握できますが、チャートでは以下の図のように表され、個々の取引内容まで把握することはできません。

上の歩み値をチャートで表してみます♪
チャート

このように「『歩み値』は普段わたし達が見ているチャートを数字のみで表したもの」とも言えます。

どうでしょう、なんとなくわかっていただけたでしょうか^^;


まぁあまりこのような細かいことは気にせず、ドーン!と大きく投資しましょう♪


☆毎回小さな変化を捉えることよりも、大きな流れに乗っかることを目指しましょう^^

投稿日:2007年03月02日 07:00
アヤ 前のコンテンツへ  次のコンテンツへ 安定株主