株の基礎単語「追証」を説明

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

追証(追加保証金)

株用語 ア行


追証
信用取引をおこなっている際、委託保証金が足りなくなり、証券会社に追加の保証金を請求されること。各証券会社が設ける期限までに保証金が用意できないと、翌営業日に建玉が強制決済されてしまいます。

(参考)
SBI証券 -追証
マネックス証券 -追証
楽天証券 -追証


例)追証の発生


委託保証金率
信用取引をおこなう際、売買取引成立価格に対して最低どれくらいの担保を納めなければならないかを表すために用いる指標。一般的に30%に設定されていますが、これは絶対的なものではなく、各証券会社・取引所の考えに基づいて決めることができます。


委託保証金維持率
信用取引をおこなっている際、最初に委託した保証金から損失(手数料含む)を差し引いた額が売買取引成立価格に対して最低どれくらいの水準を維持しておかなければならないかを表すために用いる指標。一般的に20%に設定されていますが、これも絶対的なものではなく、各証券会社、取引所の考えに基づいて決めることができます。


ケース)


  • 委託保証金率 30%

  • 委託保証金維持率 20%

  • 信用買いで100万円の株を購入

  • 必要な担保→【100万円×30%=30万円】
  • 維持しなければならない状態→【30万円-損失≧100万円×20%=20万円

この場合、損失が10万円を超えてしまうと追証が発生してしまいます。

投稿日:2007年03月08日 07:01
円借取引(円キャリー取引) 前のコンテンツへ  次のコンテンツへ 大引け