株の基礎用語「監理ポスト」を説明

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

監理ポスト

株用語 カ行


監理ポスト
上場廃止の可能性がある銘柄が取引されているところ。上場廃止の可能性がなくなれば通常の取引所に戻され、上場廃止が決定すると整理ポストに移されます。


上場廃止基準には(東京証券取引所)、


大株主上位10名及び役員が所有する株式の総数に上場会社が所有する自己株式数を加えた株式数が上場株式数の75%超の状態が一年以上続いた場合

資本の総額がマイナスの状態(債務超過)となり、1年以内にこの状態を脱することができなかった場合

有価証券報告書に虚偽記載をし、それが市場に大きな影響を与えた場合


などがあります。


最近で言うと、有価証券の虚偽記載発覚によりカネボウ株・西武鉄道株・ライブドア株・日興コーディアルグループ株が監理ポストに充てられました^^;

投稿日:2007年03月11日 09:55
幹事証券 前のコンテンツへ  次のコンテンツへ 機関投資家