株の基礎用語「規制銘柄」を説明

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

規制銘柄

株用語 カ行


規制銘柄
いささか短期的な価格変動の予想から売買差益を得ようとする(投機的)取引の色合いが強まり、過熱感を抑えるために委託保証金率の引き上げなどの規制がおこなわた銘柄のこと。


投機的な色合いが強くなってきた銘柄は、まず「日々公表銘柄」に指定されます。日々公表銘柄に指定された銘柄は毎日の信用取引の残高が公表されます。


それでもなお、投機的過熱感が収まらない場合は「規制銘柄」に指定されます。規制銘柄に指定されると委託保証金率の引き上げなどの規制がおこなわれ、信用売り信用買いがしにくくなります。

投稿日:2007年03月12日 07:00
議決権 前のコンテンツへ  次のコンテンツへ 逆指値