株の基礎用語「キャピタル・ゲイン課税」を説明

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

キャピタル・ゲイン課税

株用語 カ行


キャピタル・ゲイン課税
株の売買によって儲けが発生した場合に課せられる税金のこと。


税率は原則20%、うち所得税15%・住民税5%ですが、現在は株式市場の活性化を目的とした優遇措置がとられており、10%、うち所得税7%・住民税3%となっております(現在のところ2008年12月まで)。


計算例)

(年間売買差益-年間売買差損)×10%=納税額

年間損益:1月初営業日~12月最終営業日内に確定した損益

投稿日:2007年03月12日 07:01
逆日歩(品貸料) 前のコンテンツへ  次のコンテンツへ 金融派生商品(デリバティブ)