社債とは?株の基礎用語

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

社債

株用語 サ行


社債
一般の株式会社が発行する債券の購入者が、会社に対して一定のおカネの支払いを請求できる権利のこと。


社債の金利水準はムーディーズなどの格付機関がつけた格付け(社債の元本・金利支払い能力見通し)によって決まります。

なお、一般的に公募はBaaあるいはBBBの投資適格以上の格付けを得た企業がおこなうものとされ、株式同様証券取引所に上場させる必要があります。


  • 格付け(ムーディーズ)
  • Aaa ←金利低い
  • Aa
  • A
  • Baa 投資適格程度(十分な支払能力がある)
  • Ba
  • B (支払能力に若干の問題あり)
  • Caa (支払がおこなわれない可能性あり)
  • Ca
  • C ←金利高い
  • 格付け(他社)
  • AAA ←金利低い
  • AA
  • A
  • BBB 投資適格程度(十分な支払能力がある)
  • BB
  • B (支払能力に若干の問題あり)
  • CCC (支払がおこなわれない可能性あり)
  • CC
  • C ←金利高い


新株を発行して資金を調達する増資とは違い、社債(負債)を発行しても発行済株式は増えないので株主価値を損なうこともなく、株主としては望ましい資金調達手段と言えます^^

投稿日:2007年03月15日 07:04
私募 前のコンテンツへ  次のコンテンツへ 収益率