株の基礎用語「格付け機関」を説明

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

格付け機関

株用語 カ行


格付け機関
銀行などがおカネを貸し出すにあたり、その企業をどの程度信用してよいかを評価するところ。


  • 日本で指定されている格付け機関
  • ムーディーズ -世界の格付けの40%をおこなっている
  • スタンダード&プアーズ(S&P) -米国の代表的格付け機関
  • フィッチレーティングス
  • 格付投資情報センター(R&I)
  • 日本格付研究所


  • 格付け(ムーディーズ)
  • Aaa ←金利低い
  • Aa
  • A
  • Baa 投資適格程度(十分な支払能力がある)
  • Ba
  • B (支払能力に若干の問題あり)
  • Caa (支払がおこなわれない可能性あり)
  • Ca
  • C ←金利高い
  • 格付け(他社)
  • AAA ←金利低い
  • AA
  • A
  • BBB 投資適格程度(十分な支払能力がある)
  • BB
  • B (支払能力に若干の問題あり)
  • CCC (支払がおこなわれない可能性あり)
  • CC
  • C ←金利高い
投稿日:2007年03月09日 07:03
外需関連株 前のコンテンツへ  次のコンテンツへ 確定申告(個人)