上場基準とは?株の基礎用語

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

上場基準

株用語 サ行


上場基準
各証券取引所が自所に登録(上場)を申請してきた会社に対して、自所を介して株式を売買する許可を与えるかどうかを判断するために独自に設けた満たさなければならない条件


  • 東京証券取引所 2部上場基準(東京証券取引所より
  • 上場株式数 4,000単位以上
  • 少数特定者持株数 上場株式数の75%以下
  • 株主数 1万単位未満の場合 800人以上
  •       1万単位以上2万単位未満 1,000人以上
  •       2万単位以上 1,200人+1万単位ごとに100人 以上(上限2,200人)
  •       ※最近の投資単位が
  •         10万円以上50万円未満の場合 上記の半数以上(下限800人)
  •          10万円未満の場合 800人以上
  • 事業継続年数 3年以前から取締役会を設置して事業活動を継続
  • 上場時価総額 20億円以上
  • 純資産の額 直前事業年度末日において10億円以上(連結)
  • 利益の額 直近2年のうち、最初の1年が1億円以上 次の1年が4億円以上
  •         直近3年のうち、
  •           最初の1年が1億円以上
  •           最後の1年が4億円以上、あるいは3年の合計が6億円以上
  • 時価総額 1,000億円以上
  •        (最近1年間において売上高が100億円未満である場合を除く)
  • その他


少数特定者持株数
=大株主上位10名+役員が所有する株式+自己株式数

※「純資産の額」と「時価総額」はどちらか一方を満たせば良い

投稿日:2007年03月16日 07:50
上場 前のコンテンツへ  次のコンテンツへ 上場廃止基準