制度信用取引とは?株の基礎用語

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

制度信用取引

信用取引


制度信用取引
証券取引所が設けている制度信用銘柄選定基準を満たした銘柄を対象とする信用取引

借金返済期限は6ヶ月以内、金利は各証券取引所ごとに決められたものとなります^^ 金利は一般信用取引よりも低く設定されております♪


※制度信用銘柄の中で証券金融会社貸借銘柄と指定されたもののみ信用売り(空売り)が可能となります。


  • 制度信用銘柄選定基準(東証)
  • 上場株式数 1万単位以上
  • 株主数    ~2万単位未満 1,100人
  •       2万単位~3万単位 1,500人
  •       3万単位~4万単位 1,600人
  •       4万単位~5万単位 1,700人
  •       5万単位~6万単位 1,800人
  •       6万単位~7万単位 1,900人
  •       7万単位~8万単位 2,000人
  •       8万単位~9万単位 2,100人
  •       9万単位~10万単位 2,200人
  •       10万単位~11万単位 2,300人
  •       11万単位~12万単位 2,400人
  •       12万単位以上~    2,500人
  • 企業業績 直前事業年度の当期純利益がプラスである
  •        直前事業年度末の利益剰余金がマイナスでない
  • 選定時期 定期選定 決算期の6ヶ月目の月の初日
  •        早期選定(新規上場銘柄対象)
  •           他市場制度信用銘柄 上場日
  •           他市場非制度信用銘柄 上場日の翌日
  •           直接一部 上場日の1ヵ月後
  •           直接2部、マザーズから1部 上場日の1ヵ月後
投稿日:2007年03月20日 07:10
一般信用取引 前のコンテンツへ  次のコンテンツへ 貸借取引