株の基礎用語「現渡し」を説明

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

現渡し

株用語 カ行


現渡し
信用売りによって売却した株を差金決済でなく、その株と同単元数を証券会社に渡し、その代金を受け取ることで信用取引を終了すること。


株式分割時に新しく発行される新株が売買できるようになるには少々時間がかかります。しかし、「その株の価格はもう十分に高く、今すぐ売りたい」、このような場合はとりあえず信用売り(空売り)をしておいて新株が取引可能になった後に現渡ししましょう。この方法なら新株が取引できない期間でも現物株同様の取引をおこなうことができます^^

投稿日:2007年03月12日 07:02
現物株 前のコンテンツへ  次のコンテンツへ 5%ルール