「ファンダメンタルズを見る力」と「賢い株の買い方・売り方」を身につけれ...

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

「勢」を利用する

株の買い方・売り方


購入する銘柄は決まったら、あとは買うだけです♪

さて、

ファンダメンタル(企業・商品分析)投資家なら

安ければそのときに購入すればいい


そんなフレーズをよく耳にしますが、

果たしてそれで本当にいいのでしょうか?


一時的に業績が下がり、株価が急下落。

その企業が本来もつ業績から見れば、

明らかに「割安」。


ファンダメンタル投資家なら

買うべきだ


はい、そんな迷信は本日をもって捨ててください(笑)


チャートとはで述べたように、

長期チャートとは

ファンダメンタルズの変化を、
        あとを追って目に見える形で表わしたもの

です。


つまり、

長期的に見た場合、

株価が上昇しはじめるのは、

業績が再浮上しだしてから

なのです。


何も「割安」だからといって、

そこで「購入」する必要はないのです^^;


業績の復調が感じられてから

「購入」すればいいのです♪


いくら「割安」であっても、

経験上、業績の回復が見られないあいだは、

ジリジリ下げていくのがほとんどです^^;


また、

この「考え方」は他の場合にも当てはまります。


たとえば、

「将来的に、その商品を必要とする環境が出来上がる可能性が高い」

場合でも、

その企業の株を購入するのは、

「それが実際にカタチにされそうになってから」

つまり、

今後、長期安定的に業績が上昇していく可能性が高まってから

でいいのです♪


いくら10年前にCO2排出削減商品・サービスが

「将来的に必要とされる」

と思っていても、

その株を購入するのは

「それが社会的に注目され出し、実際にカタチにされそうになってから」

です。


要するに、

を利用するのです。


効率の良い投資をする上で大切なのは、


「収益率の最化」

「投資期間の最化」


セットで考えることです☆


参考:期待収益率と時間

投稿日:2007年05月24日 10:11
ローリスク・ハイリターン銘柄の... 前のコンテンツへ  次のコンテンツへ 賢い株の売り方