「景気が悪い」・・・私たちはもう何年こんなことを言い続けてるのでしょう...

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

日本が抱える経済問題

経済・財政対策


「景気が悪い」・・・私たちはもう何年こんなことを言い続けてるのでしょうか。


現在は不況で国内の需要が低下しており、全体的にモノが売れにくい状況となっています。

企業はそれでもモノを買ってもらわないと利益が出ませんので、少しでも価格を下げてみなさんに買ってもらおうとしています。


モノの価格が下がると企業の業績が圧迫され、従業員の給料[賞与]も思うように払えなくなります。その結果、さらに需要が低下してしまい、さらにモノの価格が下がってしまうという悪循環が起こります。

今の日本はまさにこのような状態です(汗”)


また、以上の理由より、物価が下がり続ける[デフレ]と、業績を反映して動く株価も下落しやすくなります。


bukka_kabuka_1975.gif
日本株価:TOPIX  米国株価:S&P500

グラフより、物価と株価の間には、ある程度の連動性があることを確認していただけるかと思います(「日本物価」と「日本株価」、「米国物価」と「米国株価」はそれぞれ似た動きをしています)。


さらに、このような状況では国の税収も減ってしまいます。モノが売れなくなり、企業業績が悪化すれば法人税が減ります。また、その結果、給料[賞与]が減ることになれば所得税だって減ってしまいます。


sozei_suii_1990.gif
※財務省 より
2009・2010年度の租税は予算の数値を代用


このように需要低下によって全体的にモノの価格が下がり続けること[デフレ]は、経済にとって確実にマイナスです。とにかく、まずはこの流れを変えなければいけません。


しかし、日本が抱えている問題はこれだけじゃないんです。。。

投稿日:2011年04月11日 22:43
 次のコンテンツへ 日本が抱える財政問題