企業の利益にかかる法人税の税率を引き下げる[40%→35%計画]ことで、企...

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

法人税を引き下げる対策

経済・財政対策


企業の利益にかかる法人税の税率を引き下げる[40%→35%計画]ことで、企業の負担を減らし、将来の売上増に繋がる行動をうながして、最終的に総税収を増やそうという方法です。


ただ、減税しても多くの企業が将来の不安(不況・人口減など)に備え、浮いたお金を貯め込んで終わってしまう可能性があります。

最も効果がありそうなのは輸出企業(日本企業のみコストが減るため)ですが、現在の円高(コスト増)が続くようであれば、その効果も半減するでしょう。

とりあえず、この対策をするなら、企業の「将来に対する見通し」を明るくさせてからが良いと考えています。

投稿日:2011年04月19日 10:22
消費税を引き上げる対策 前のコンテンツへ  次のコンテンツへ 日本が抱える年金問題。人口推移...