欧州の債務問題が新聞やテレビで取り上げられる際、必ずと言っていいほどEF...

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

EFSFとかEFSMとかESMとか(IMFとか)、ややこしすぎるので違いをまとめてみました

欧州債務危機


欧州の債務問題が新聞やテレビで取り上げられる際、必ずと言っていいほどEFSFEFSMESM(・IMF)というワードが出てきますよね(汗”)

記者の皆さん普通に使ってますけど、

「違い、全然ワカラナイですからヽ( ´ ▽ ` )ノ」


そこで、自分の頭の整理もかね、ポイントを絞ってEFSF・EFSM・ESM(・IMF)の違いをまとめてみました♪


EFSF(欧州金融安定ファシリティ)[European Financial Stability Facility]

目的:ヨーロッパの金融安定
加盟国:欧州連合のうちユーロ導入済みの17カ国
融資枠:4400億ユーロ(約45兆円)
融資資金:債券の発行によって調達(発行額の120%を分担保障)
保障比率:ドイツ27%、フランス20%、イタリア18%、スペイン12%
融資条件:保障国すべての承認
期限:2013年6月まで。(ESM設立の前倒しで早まる見込み)

 

EFSM(欧州金融安定メカニズム)[European Financial Stabilisation Mechanism]

目的:ヨーロッパの金融安定
加盟国:欧州連合27カ国
融資枠:600億ユーロ(約6兆円)
融資資金:債券の発行によって調達(欧州連合の政府予算で保障)
保障比率:ドイツ20%、フランス18%、イタリア14%、イギリス11%(非ユーロ圏)、スペイン10%
融資条件:人口に応じて割り振られた投票権のうち約74%以上が支持
       or 加盟国の過半数が支持
         かつ、支持国全体の人口が欧州連合人口の62%以上

 

ESM(欧州安定メカニズム)[European Stability Mechanism]

目的:ヨーロッパの金融安定
加盟国:欧州連合のうちユーロ導入済みの17カ国
融資枠:5000億ユーロ(約51兆円)?(決定後速やかに修正)
融資資金:債券の発行、融資によって調達?(決定後速やかに修正)
保障比率:EFSFと同じ?(決定後速やかに修正)
融資条件:多数決?(決定後速やかに修正)
期限:EFSFの後を引き継ぐ形で2013年7月から。(前倒しで2012年半ばから始動予定

 

IMF(国際通貨基金)[International Monetary Fund]

目的:為替相場の安定・自由化、国際収支の均衡
加盟国:世界185カ国
融資枠:2500億ユーロ(約26兆円)
融資資金:出資によって調達
出資比率:アメリカ17.4%、日本6.5%、中国6.4%、ドイツ5.6%
融資条件:85%の賛成(議決権は出資比率に応じて割り当て)

 

いかがでしょうか。今回のまとめが少しでも皆さんの頭の中の整理に役立ってくれれば嬉しく思います☆

投稿日:2011年12月13日 09:36
 次のコンテンツへ トロイカ、ギリシャへの新たな融...