核開発を続けるイランが欧米から原油輸出禁止の制裁をくらいそうになって、...

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

日本の石油輸入の生命線「ホルムズ海峡の封鎖」は、インフレから国債バブル崩壊をもたらす?

株式投資コラム


核開発を続けるイランが欧米から原油輸出禁止の制裁をくらいそうになって、ホルムズ海峡を封鎖すると脅迫してます(汗”)

ホルムズ海峡
イランとUAEに挟まれた海峡であり、毎日1700万バレルの石油を積むタンカーが通過する。日本に来るタンカーの全体の8割がこの海峡を通らなければならない。


大きな地図で見る

 

AP通信によると、イランの有力紙ホラサンは8日、同国指導部の親衛隊的性格を持つ革命防衛隊幹部の話として、イラン産原油の輸出に制裁が科された場合、中東の主要な原油輸送ルートであるホルムズ海峡の封鎖を命じることを指導部が決めた、と伝えた。

(参考)原油禁輸ならホルムズ海峡封鎖-産経ニュース

 

イランは最も狭い場所でも幅34キロに及ぶホルムズ海峡の通過を継続的に阻止できるほど大規模な船舶は保有していないが、海峡に機雷を仕掛けたり、ミサイル攻撃を行う能力はあるとみている。 しかし、近隣にはバーレーンに司令部を置く米国の第5艦隊があり、ホルムズ海峡におけるイランの動向に目を光らせている。第5艦隊の目を逃れて機雷の敷設やミサイル配備を行うことは困難で、察知されれば米国の対抗措置を誘うことになる。

(参考)イランによるホルムズ海峡封鎖は困難-ロイター

 

現状、ホルムズ海峡の封鎖が実現する可能性はそれほど高くなさそうですが、仮に長期化した場合、原発を停止し、石油をほぼ100%輸入に頼っている日本は大変なことになりそうです。

2007年2月末時点ですが、民間で国内消費量の83日分、国が94日分の石油を備蓄しています。

(参考)石油備蓄-wikipedia

 

なので、いきなり混乱に陥ることはなさそうですが、これが長期化して備蓄が底を尽いてしまうと、日本の生産活動は大きなダメージを受けます。仮にその他地域から石油を輸入できたとしても、世界の生産量の約20%を失ってしまったことで、石油価格は急騰。その結果輸入インフレが発生。

(参考)1日あたりの原油生産量-資源について

 

この流れで、国内の期待インフレ率(今後も○%のインフレが続きそう)が大きく上昇してしまったらさぁ大変。預金金利が低いままだと、銀行からお金を引き出して物に買えておこうとする行動(インフレ)が加速しますので、政府は金利を引き上げることになります。

■第一次石油ショック(1973年)
石油1バレル3ドル→12ドル、物価上昇率5%→25%、政策金利5%→9%

■第二次石油ショック(1979年)
石油1バレル13ドル→36ドル、物価上昇率5%→9%、政策金利4%→9%

(参考)オイルショック
(参考)日本の物価上昇率、長期チャート-inflation.eu

しかし、そうすると国債金利も上昇(国債価格も下落)し、一気に金融不安になってしまいます。。。

(参考)金利が1%上昇したら日本国債の価格は何%下落する?

 

今回の「ホルムズ海峡の封鎖」、日本にとっては欧州債務危機以上にアブナイことだと思います。ご注意ください。

 

==【1/14追記】====================================

石油依存度(一次エネルギーのうち石油がしめる割合)

1973年 75.5%
1979年 70.1%
2008年 41.9%

1970年代と比べると現在は約2分の1の水準。さらに過去の経験による対策もあり、インフレ抵抗力はだいぶ高まっています。

(参考)エネルギー白書2010-資源エネルギー庁

 

国別原油輸入構成比(2006年)

サウジアラビア 30%
UAE 25.4%
イラン 11.5%
カタール 10.2%
クエート 7.1%

ホルムズ海峡が封鎖されず、イランの原油輸入削減だけなら、他の地域から調達できそうです。

(参考)私たちの生活と資源-国際協力銀行

 

■ホルムズ海峡封鎖後の石油輸送

産油国アラブ首長国連邦(UAE)のハミリ・エネルギー相は13日までに、ホルムズ海峡を迂回(うかい)し原油を送る同国の陸上パイプラインが「ほぼ完成し、5~6月までに稼働できる」と述べた。(1/13 毎日新聞

(参考)ホルムズ海峡>海峡迂回パイプライン-wikipedia

 

■韓国の対応

イランがホルムズ海峡を封鎖するという最悪の事態が起きた場合、中東原油への依存度が87%と高い韓国にとっては大きな打撃となる。原油の輸入がストップすれば、ガソリンスタンドや貯蔵施設などの備蓄原油は1週間ほどで底をつくという。現代経済研究院は最近の報告書で、イランによるホルムズ海峡封鎖やそれに伴う武力紛争が長期化した場合、韓国の経済成長率は2.8%に低下し、物価は7.1%上昇するとの予想を示した。(1/13 朝鮮日報
投稿日:2012年01月09日 22:19
ブラジルのハイパーインフレ。イ... 前のコンテンツへ  次のコンテンツへ イタリア国債・スペイン国債、入...