2012年2月21日午前、ロイターの速報で以下のニュースが流れました。 『ユー...

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

今こそリスクを負う時。ギリシャ向け第2次金融支援合意

欧州債務危機


2012年2月21日午前、ロイターの速報で以下のニュースが流れました。

ユーロ圏財務相、1300億ユーロのギリシャ第2次支援策に合意』 ユーロ圏財務相は21日未明、13時間に及ぶ議論の末、ギリシャに対する第2次支援策を承認した。支援規模は1300億ユーロに達する。その結果、ギリシャは目先の債務償還を乗り越えることが可能になるが、ギリシャ経済が立ち直るにはまだ道のりは遠いとみられている。(ロイター)

 

■ギリシャ向け第2次支援策の内容

EUIMFから1300億ユーロの融資
ECBや各国中央銀行がギリシャ国債で得た利益を政府に還元
・民間債権者が保有するギリシャ国債の元本を53.5%削減
 ∟既発国債の31.5%を新発国債と交換
 ∟既発国債の15.0%をEFSF債と交換

(参考)ギリシャ国債の債務交換とは

 

「1300億ユーロの融資」と「ギリシャ国債の53.5%元本削減」が承認されたことで、直近の最大のリスクがほぼ解消されました。

今後、ギリシャの緊縮財政策が思うように行かず、デフォルト[債務不履行]リスクが再燃する可能性は十分にありますが、とりあえず今回の融資が実施されれば当面の資金繰りに困ることは無くなります。

 

となれば、今回の不安で優良小型株が軒並み超割安になっている今、「適度にリスクを取って投資するのが得策」というのが私の考えです。

実際、昨日の午前に情報を確認した後、約1年ぶりに買い注文を入れました。もちろん突発的なリスクに備え、余力は十分に残しています。

現在注目している銘柄リスト

 

今回の件で約1年大人しくしてましたので、その分これから投資活動を楽しみたいと思います(笑)

投稿日:2012年02月22日 08:31
「ギリシャ国債の債務交換とは」... 前のコンテンツへ  次のコンテンツへ ギリシャ債務交換、集団行動条項...