かなり遅くなりましたが、あけましておめでとうございます(笑) 昨年末か...

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

2013年の振り返り[反省]

株日記


かなり遅くなりましたが、あけましておめでとうございます(笑)

昨年末から年始にかけてバタバタしていて、なかなかゆっくり時間が取れなかったため、何の振り返りもせずに2014年の相場がはじまってしまいました(汗”)

とりあえず、少し余裕ができましたので、今更ながら振り返り[反省]をしたいと思います。

 

<1月~3月>
アベノミクスの恩恵を受けそうなセクター(新興不動産・住宅)への分散投資と、2652:まんだらけ、2751:テンポス、3376:オンリー、9610:ウィルソンなどの個別銘柄への投資。異次元緩和前に利益確定。

<4月>
黒田日銀の異次元緩和。新興不動産銘柄に分散投資。利益確定後、短期投資へシフト。

<5月~6月>
FRBによる量的緩和縮小検討のアナウンス、相場転換。

<7月~8月>
参院選。一段高を期待して大型株へ分散投資、損切り。

<9月~10月>
東京五輪決定。短期(五輪無関係)でコツコツ。

<11月~12月>
四季報発売。10%の優遇税制終了。8205:シャクリー、5184:ニチリン、その他外需銘柄への投資。

 

今年最大の反省は、「参院選後に再び相場が活況を迎える」という楽観的な想定をして、それ用のポジションを組んでしまったことです。直後に想定と違う展開が来てスグに損切りしたのは良かったですが、需給環境を見ていれば回避できたかもな~と今なら思います。

あと、1月~6月まで利益を伸ばし続けれたことでイケイケ状態になってしまい、7月に優位性の低いトレードを高リスクでやってしまったことは猛省しています。

また、10%の優遇税制終了に伴う「個人の利益確定売り」の圧力は完全に見誤りましたが、「この水準で売られたら仕方がない」という銘柄だけ持っていたので、被害は小さかったです。

 

2013年はこれまでの成長を実感した年でもありましたが、それ以上に見てないことが多すぎると感じた年でもありました。2014年、パフォーマンスはどうなるか分かりませんが、地力を大きく伸ばせそうな手応えは既にありますので、今年もコツコツがんばっていきたいと思います。

投稿日:2014年01月07日 21:15
 次のコンテンツへ 「個人が生んだ違和感」2014年1...

カテゴリ>株日記  ページTOP ホーム