7月8日、上海株の暴落(寄付:-8%、引け:-5.9%)を受け、その買い支え資...

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

mail.gif メルマガ(無料)

form_merumaga.gif

↑「メアド」「名前」を入力するだけ

投資に役立つ情報を解説付きで週末[不定期]にお届けします☆

バックナンバーを読む

中国政府系ファンドCIC 2013年末におけるポートフォリオ構成

中国バブル崩壊


7月8日、上海株の暴落(寄付:-8%、引け:-5.9%)を受け、その買い支え資金を捻出するために中国の政府系ファンドが日本株(引け:-3.14%)を売っているとの観測が市場に流れました。

この観測を受け、今回は中国の代表的な政府系ファンドであるCIC[中国投資有限責任公司](総資産6,527億ドル:2013年末)について調べてみました。政府系ファンドですから、だいたいどれも同じポートフォリオ構成ではないかと思います。

ちなみに、日銀のデータによると、2013年末時点での中国の対日証券投資(株式)残高は3.2兆円、対日証券投資(債券)残高は14.3兆円となっています。

 

■CICのポートフォリオの内訳(CIC年度報告より)
構成比率
(2013年末)
株式40.4%
債券17.0%
絶対収益投資11.8%
長期投資28.2%

絶対収益投資:ヘッジファンド含む
長期投資:直接投資、PE、エネルギー・工業、不動産、インフラなど

 

■株式の地域別内訳

構成比率
(2013年末)
米国46.1%
米国以外の先進国36.8%
新興国17.1%

 

■株式の業種別内訳

構成比率
(2013年末)
金融22.9%
消費財(必需品)12.5%
IT12.1%
工業10.2%
エネルギー8.5%

 

■債券の地域別内訳

構成比率
(2013年末)
先進国国債44.1%
新興国26.8%
投資適格社債26.5%
インフレ連動債2.6%

 

以上のデータより、仮に買い支え資金捻出のために資産を売っているなら、日本株だけでなく、欧米株も同様に下落して当然の流れです。

 

■世界の証券取引所、時価総額(百万米ドル) 楽天証券より
時価総額
(2015年2月)
NY証券取引所19.4兆ドル
ナスダック7.3兆ドル
東京証券取引所4.7兆ドル
上海証券取引所4.1兆ドル
ユーロネクスト3.5兆ドル
香港証券取引所3.4兆ドル
深セン証券取引所2.5兆ドル

 

しかし、欧州株は寄り付きプラス圏でスタートしており、ダウ先物に関しても-1%程度の下落で落ち着いています。

これらの関係を見る限り、「中国政府系ファンドの資金捻出」が本日の日本株下げの主な要因とは考えにくいのではないでしょうか。

投稿日:2015年07月08日 17:36
上海株暴落からはじまる?中国不... 前のコンテンツへ