連結財務諸表について株初心者の皆さんに理解していただけるよう説明

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

連結財務諸表とは

連結財務諸表


連結財務諸表とは
連結範囲となる企業の財務諸表を「足し算」「引き算」したもの

連結範囲

連結範囲

連結財務諸表とは

(連結)子会社

議決権の過半数(50%以上)を実質的に所有している
意思決定機関(株主総会、取締役会など)を「支配している一定の事実」が認められる

非連結子会社

支配が一時的だと認められる
連結することにより、利害関係者の判断をいちじるしく誤らせる恐れがある
連結してもほとんど影響を及ぼさない

(持分法適用)関連会社

議決権の20%以上を実質的に所有している
意思決定機関に「重要な影響を与えることができる」と認められる

(持分法非適用)関連会社

連結してもほとんど影響を及ぼさない


連結決算導入のメリット

親会社の経営者は連結グループをひとつの会社と考えて経営しなければなりません。よって、今まで(単独決算)のように、「子会社に自社の製品を押し売りしたり、不要な人員を押し付けたりして、経営成績を良く見せる」ことができません

つまり、私たち投資家は、連結財務諸表から、その会社の"真"の経営成績を知ることが出来るようになったのです♪


(画像をクリックして拡大して見てください^^)
連結財務諸表

投稿日:2005年11月05日 18:11
 次のコンテンツへ 100%資本連結