株の基礎単語「委託売買業務」を説明

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

委託売買業務(ブローカー業務)

株用語 ア行


委託売買業務
投資家から注文を受けた証券会社が投資家と証券取引所との間に立ち、投資家の変わりに株式取引を成立させる業務のこと

この際、投資家が証券会社に支払うお礼のことを委託売買手数料と言い、これが証券会社の主な収益となります^^


証券会社の業務には他にも、自己売買業務(ディーラー業務)引受業務(アンダーライター業務)募集・売出業務(ディストリビューター業務)の3つがあり、委託売買業務(ブローカー業務)を含めたこれら4業務をすべておこなうことができる証券会社を総合証券会社と言います。


>オマケ
ネット証券は、既存の証券会社でおこなわれている窓口取引(対人取引)と違い、ネット上での取引(無人取引)を専門に扱っており、委託売買業務をすべてコンピュータで処理するので窓口取引と比べ人手(人件費)がかかりません。よって、その分手数料がお安くなっております^^

投稿日:2007年03月05日 07:01
前のコンテンツへ  次のコンテンツへ 委託保証金