株の基礎用語「逆日歩」を説明

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

逆日歩(品貸料)

株用語 カ行


逆日歩
ある貸借融資銘柄(信用売りが可能な銘柄)の信用売りにおいて、証券会社証券金融会社を介しても貸す株を用意できなくなり、他の金融機関から株を借りてこなければならない状態になった際に発生する1日あたりに発生する金利のこと。


※逆日歩は営業日・非営業日関係なく、その期間に応じて支払わなくてはなりません。


逆日歩が発生すると、信用売りをしている側は、証券会社に不足分の株を都合してもらった手間賃としてこの金利を支払わなければなりません。

逆に、信用買いをしている側は、証券会社に株を貸している状態なので、お礼としてこの金利を受け取ることができます。

投稿日:2007年03月12日 07:01
逆ザヤ 前のコンテンツへ  次のコンテンツへ キャピタル・ゲイン課税