賢い株の買い方を『ゲーム理論』的思考を用いて説明します

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

全額投資と一定額投資

株の買い方・売り方


ある投資家は、

3回に2回は1割の儲けを得ることができ、

残り1回は1割の損をしてしまいます。


さて、この場合、

「毎回手元にある資金を全額使い切って株を買う」のと、

「毎回一定額分しか株を買わない」のとでは、

どちらが優れた投資法といえるでしょうか?


では、実際に計算して論理的に説明したいと思います^^


ケース1)「毎回手元にある資金を全額使い切って株を買う」


元金を1万円とすると、

1割儲けた後の資金=元金×(1+0.1)=元金×1.1

1割損した後の資金=元金×(1-0.1)=元金×0.9

  • ある投資家が3回投資して最終的に得る儲け
  • =1万円×1.1 ←[2回目の元金]
          ×1.1 ←[3回目の元金]
          ×0.9 ←[3回投資終了時の資金]
          -1万円(元金)
           =儲け
    ※掛け率 1.1、1.1、0.9の順番は変わっても解は同じ
  • =1.089万円-1万円
  • =0.089万円


ケース2)「毎回一定額分しか株を買わない」


毎回1万円分の株を買うと、

1割の儲け=1万円×0.1=0.1万円

1割の損失=1万円×(-0.1)=-0.1万円

  • ある投資家が3回投資して最終的に得る儲け
  • =0.1万円+0.1万円+(-0.1万円)
  • =0.1万円0.089万円 [ケース1]


つまり、これは何を意味しているかというと、

毎回全額を使って投資するのではなく、その失敗成功に関係なく
  今後もある程度買い続けられる額分のみを使って
  投資をする方が『効率(割合)よく』儲けることが出来る

ということです。


たとえば、

5回やれば3回は儲けることができると思うなら、

最低5回はその額を投資し続けられるように

1回の投資資金を調節するのが、

賢い株の買い方

と言えます(儲けと損失が一定割合の場合)。


つまり、

5回のうちのはじめの2回に

「失敗」が来ても大丈夫なようにすることが大切なのです^^


※実際の取引できちんと一定額分を買うことは難しいので、
   出来るだけそれに近づけるようにすることで対応してください
^^

投稿日:2007年05月22日 18:01
 次のコンテンツへ 損失は機械的に確定する