「ファンダメンタルズを見る力」と「賢い株の買い方・売り方」を身につけれ...

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

損失は機械的に確定する

株の買い方・売り方


株の「売買」において一番大切なことは、

損失を機械的に確定する』ことです。


これは私をはじめ、

今まで周囲の初心者投資家を見てきた経験からも言えることです^^;


テクニカル分析』によってトレードをした場合は、

買った根拠が『チャート』なので、

「それが崩れたら売る」というパターンが、

ある程度「機械的」に実行されます。


しかし、

ファンダメンタル(企業や商品など)分析』によって投資をした場合は、

なかなか「機械的」には『損失を確定する』ことができないのです^^;


これがしばしば

『ファンダメンタル投資家』に大きな損失を与えてしまうのです。


株価がどんどん下がっても、

「ファンダメンタルズがしっかりしてるから大丈夫」

という具合になってしまうのです^^;


この「ファンダメンタルズ」の予想が当たっていれば

さほど問題はありません。

株価もあとを追って回復してくるでしょう。


しかし、結果的に、

「自分の予想とまったく違うものになっていた」

という事もしばしばあります。

とくに分析力が心許ない初心者のうちは^^;


結局、「予想はあくまで予想にしか過ぎない」のです。

これを忘れてしまってはいけません(私もこれはとくに注意しています、笑)。


こうなってしまうと、もう大変です。

損失はすでに大きく、

さらに「ファンダメンタルズ」も崩れてしまっては、

被害は尋常ではありません。


全額投資と一定額投資」で説明したように、

毎回全額を使って投資するのではなく、
 その失敗成功に関係なく
 今後もある程度買い続けられる額分のみを使って
 
投資をする方が『効率(割合)』よく儲けることが出来る

※実際の取引できちんと一定額分を買うことは難しいので、
   出来るだけそれに近づけるようにすることで対応してください
^^

この方法を用いて、

○回やって△回 予想が当たれば儲けが得られる

というように考え、

ファンダメンタルズに関係なく株価が下落した場合も

失敗』と数えましょう^^

(※「○・△」「損切りライン」「利確の仕方」「買うタイミング」の設定は、
   これからすこしずつ紹介したいと思います)


ゆえに、たとえ「ファンダメンタルズ」によって投資した場合も、


予め、損切りラインを設定しておき、

「損失を機械的に確定する」

ようにしましょう^^

投稿日:2007年05月22日 18:08
全額投資と一定額投資 前のコンテンツへ  次のコンテンツへ 損切りラインの設定