PBRが持つメリット・デメリットの紹介

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

PBRのメリット・デメリット

個別株投資


【メリット】
理屈的にだいたい納得できる

【デメリット】
本当に計るべきモノの形がわからないので、代用品を使っている


個人的にはPBRというモノサシ自体は、とても有効なものだと思います ^^

ただ、困ったことに

それを使って本当に計るべきモノの形がよくわからないのです。


会社は、資産を買ったときの形自体は正確にノートに描き残すのですが、

その後の変化については大雑把にしか描き残さないのです

(会社ってめんどくさがりなんです、笑)

これでは、今の資産の形を正確に計ることなんてできませんよね^^;


しかも、

ノートに描かれている形は

あくまで会社側から見たモノであって

外から見たモノではないのです。


モノを人に売る場合、

そのモノの値は、「相手からどう見えてるのか」で決まります

自分がどれだけ「良いモノ」と思っていても、

相手から「どうでもいいモノ」と思われていては値なんてつきませんよね(笑)


よって、

PBRで本当に計るべきモノは、

「""から見た""の資産の形」なんです。


なんですが、

それができないので、

「"会社"から見た""の資産の形」を代わりとしているのです。


PBRというモノサシ自体はとても良いモノなのに、

計るモノの形がよくわからないのが非常に残念です><


参考:PBRの仕組みと使い方

(いきなり読むには無理があるので無視してください^^; まずは基礎からしっかりと学んでいきましょう。「急がば回れ」です♪)

投稿日:2007年01月24日 12:30
株の割安・割高度を計る3つのモ... 前のコンテンツへ  次のコンテンツへ PERのメリット・デメリット