賢い株の売り方を『ゲーム理論』的思考を用いて説明します

学校では教えてくれない株のことを、年平均+30%で運用しつづける管理人がイチからわかりやすく教えています。

損切りラインの設定

株の買い方・売り方


ファンダメンタルズ(企業や商品)に目立った変化がなく、

単にそのときの需給(売り買い)関係の悪化から株価が下がっている場合、

その場その場の判断で、

きっちり『損失を確定する(売る)』のは、

感情」が邪魔をして意外と難しいものです^^;


それならば、

そのときにわずかの感情も入る余地がないように、


予め損失を確定させる価格を決めておけばいい


のです♪


さて、その価格の決め方ですが、これは、


「購入価格-○円」


といったモノでなく、


「購入価格-(購入価格×□)」


というように一定の割合で決めるようにしてください^^


もちろん、

全額投資と一定額投資」で説明したように、


毎回買う額は一定です。


ゆえに、当然


損失も一定となります。


※実際の取引できちんと一定額分を買うことは難しいので、
   出来るだけそれに近づけるようにすることで対応してください


では、次にその割合(%)をどれくらいにするかですが、

これは大きすぎるのはもちろん駄目ですし、

かと言って小さすぎるのもそれはそれで手間がかかり、

効率が悪い』のです^^;


±5%ほどの変化は、

ファンダメンタルズ・テクニカルどうこうでなく、

とくに原因もなく変化する

ので、これくらいの変化は

変化のうちに入らない

と考えることにしましょう♪


以上を踏まえた上で、

私が提案する損切りラインの目安


-7.5%~-10%


です♪

皆さんはこの数値を見てどう思われたでしょうか?

ちなみに私は、


「ものすごく小さい(-10%)」


と思っています。

「なぜこう感じるのか」はこれから明らかにしていきます♪


ただし、これも一応の目安であって絶対的なものではありません。

ときには5%以下でも損切りした方がいいことだってあります^^;

大事なのは必ず一定割合までに損切りすることです☆

投稿日:2007年05月22日 18:12
損失は機械的に確定する 前のコンテンツへ  次のコンテンツへ 目標とする1回あたりの収益率の...